インフォメーション

2024 / 05 / 10  

龍体フトマニ書、ワークショップ

龍体フトマニ書、ワークショップ

龍体フトマニ書とは

名古屋の老舗暖簾店店主大坪與七郎氏が創始者で、弁柄、柿渋、墨や藍で丁寧に染色された麻布に、純金泥を用い、神代文字の一つである龍体文字でフトマニ図を書く、美しく神聖な作品です。

 ※商標登録されています。

 

 

 古代から浄化や神事に用いられてきた麻染色に用いられる波動の高い植物たち

占いや呪術に用いられていたフトマニ(太占)

5600年も前に神から降ろされた神代文字

純金泥

祝詞によって整えられる場

龍氣

 

一文字一文字書いていく作業は瞑想であり、祈りであり、御神事であり

魂の深いところに対峙する神聖で尊い時間。

 

そうしてできあがった祈りのアートには、龍氣が入り

あなたやあなたの大切な方を守るパワフルなお守りとなるでしょう。

 

ただ黙々と書く という時間が 

普段騒がしい頭の中に静寂をつくり

まるで瞑想のようだととても好評です。 

 

参加料金 材料道具込み

10,000円、今回は額縁プレゼントさせて頂きます。

当日会場費としてクッカさんにて、スイーツ又はお食事をご注文お願い致します。

 

参加人数5名

ご用意頂く物はありません。

書いた物は当日お持ち帰り頂けます。

 

チャハヤサロンsendai主催

バリ曼荼羅カードマスター

龍体フトマニ書の会

認定講師

ちはや真杜華

詳しい問い合わせは、

メールでも、Facebookメッセでどうぞ!

メルアドkimama.doll@gmail.com